読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三ツ星デイ

毎日が三ツ星デイ。

品質の良いものが好き

デフレが続いて、世の中ではプチプラ製品が幅を効かせていますけど、結果的にそこそこ良いものをつかったほうがお得になることって多いですよね。

安い化粧品を使って肌トラブルがおきて、その化粧品を使えなくなったばかりか、皮フ科の受診料もかかってしまったとか。

安い洋服を買ったら、1回洗濯しただけで縮んでしまったとか。

安い家電製品を買ったら、保証期間が終わった途端に壊れたとか。

だれでもひとつくらいは「あるある」って思うんじゃないでしょうか。

私は良いものを安く買うことができるのは最高だと思いますが、安いなりの品質のものを買うのは反対です。

結果的に消耗することが増えてしまって、全然エコでもないですし、モノのありがたみが薄らいでしまいますから。

やっぱり良いものを長く愛着を持って使うというのが、人間のあるべき姿だと思うのです。

なので、身の回りにあるものを買い換えるときは、少しくらいお値段が張るものでも、長く愛用できるものという基準で選ぶように切り替えているところです。

今までプチプラ品を買って満足したことはほとんどないので、私はこれで正解なんだと確信しているんですね。

1万円で売っているものを2万円で買うことはないですが、同じ1万円の値段がついているものなら、比較検討してからよりベターな方を買うようにしています。

先日も10年使ったソファを買い替えたのですが、今度は一生使えるものを選ぼうと思って、ちょっと奮発してしまいました。

ちなみに、自宅でデスクワークすることも多いので、椅子もハーマンミラーのいいやつを使ってます。

椅子に20万円近くもだしたの?って友達には驚かれますが、実際に座ってもらうと、「その価値はあるね~」と納得してくれます。

要するにそういうことなんですよ。

長い間使うということは、体への影響も大きいということですから、体に負担がかからないかどうかも大事な要素なわけです。

耐久性もそう。5万円のイスを4回買い換えるより安いって考えると、そんなに高い買い物だとは思わないですから。

保証がしっかりしていることも大事ですね。

高級品には高級品にしかない、インセンティブというか大きなメリットがあるものです。

そういう部分に気づくのは、使った人だけということもわかってほしいですね。