三ツ星デイ

毎日が三ツ星デイ。

海が大好き

ビーチヨガやサップヨガを行うことがあります。

本当は、朝日を浴びながらとか、夕日の時間にとかが良いんですけど、どうしても日中にしかできないこともあるのです。

できるだけ木陰で行うようにしていますが、完全に日差しをシャットアウトはできませんし、太陽からのエネルギーは膨大なものなので、取り入れないのは意味がないんですよね。

ヨガを行うときは基本的にすっぴんでするのですが、どうしても日焼け止めを使いたいという人もいると思います。

シミができるのを防ぐためには仕方ないですね。

オーストラリアなどは、紫外線を浴びても良い時間が制限されていたりもしますから、皮膚がん防止という側面からも、日焼け止めは大事なことです。

私はマリンスポーツも大好きなもので、本当に日焼けしまくっているんですよ。

フジテレビの黒い女子アナにも負けないくらい、夏場は真っ黒です。

サンタンちゃんというあだ名があるくらいですし、クチの悪い友達は「オンナ松崎しげる」と呼んだりします。

まぁ、シミやソバカスのあるおばちゃんもかわいいかなと思うので、今のところ将来のことは気にしていません。

多分、50歳になっても海に日参してる気がしますしね。

紫外線を浴びることで体内でビタミンDが作られるんだったかな?確かそういう仕組みになっているはずなので、太陽を浴びすぎないのも良くないんですよ。

何事もヤリスギは良くないということですね。

英語が話せる人

国文学科卒の私からすれば、日本語以外を話せる人は尊敬の対象です。

特に、当たり前のように英語が話せる人は、なんてかっこいいんだ!って思ってしまいますね。

なんだかんだ言っても、英語が世界の共通語なのは疑いようのない事実ですし、英語が話せることで世界は広がりますから。

例えば海外旅行。

私はガイドさんがいなければ、ひとりでアメリカ本土に行く勇気はないのですが、もし英語が話せたら「なんとかなるでしょ」と楽観視できるので、ポンと旅立てるようなきがするんです。

何かトラブルが起きたとしても、普通にコミュニケーションがとれますし、それってすごく大きなことだと思うんですね。

なので、テレビに出演している外国人タレントさんで、日本語がペラペラの人って、本当にすごいと思うんです。

特に春香クリスティーンさんの日本語なんて、完全にネイティブですよね?

彼女はたしか、独学で日本語を覚えたという話だったので、もはや語学の天才としか思えません。

彼女より日本語が下手な日本人って、たくさんいますしね。笑

あそこまで上手じゃなくても、カタコトで通じるレベルの会話ができるだけで、かなり違うと思うのです。

外国人のカレシができるかもしれないし。

だって、世界の女性ランキングで日本人女性は1位らしいですから、どこに行ってもモテモテじゃないですか。笑

保湿は絶対に必要

人間の体って面白いなと最近よく思います。

数ミリにも満たないものが成長して行くかと思えば、ある頃をさかいに劣化していく。

諸行無常といいますか、生きとし生けるものの宿命を感じざるを得ないといいますか、とにかく生物としての儚さや面白さを感じるのです。

どんな生き物でも共通していることに、「水分が必要」ということが上げられますよね。

世界中を探せば、水分を全く必要としない生物もいるのかもしれませんが、少なくとも9割以上の生物には水分が必要だと思うのです。

人間に至っては、体の7割が水分ですから、数パーセントの水分が消失しただけでも生命の危機に陥ってしまうのです。

年齢とともに乾燥肌になって、かさかさしてきたというのは、命を脅かすレベルではないにしろ、絶好調とはいえない状態です。

なので、保湿が必要になってくるわけですね。

特に、皮膚だけを保湿するのではなく、体内からも保湿することが重要です。

ものすごく簡単な話なんですけど、化粧水をつけていても、お水を飲まなければ肌に潤いなんて出るわけがないのです。

なので、体内から保湿するということの重要さが理解できると思います。

では、どんなもので体内保湿を行えば良いのか?ということですが、水分保持するものを積極的に摂るということがひとつ。

そしてもうひとつは、健康的な皮膚を作るもとになるものを食べるということです。

人間の皮膚は何からできているでしょうか?

それを考えれば、自ずと食べるべきものが決まってくるんですね。

ダイエットのためにお肉を食べないとか、やめたほうがいいですよ、肌のためには。

オーガニックがいい

品質の高いものを選びたいと以前書きましたが、身につけるものや口にするものは、やっぱりオーガニックが良いという結論に至ります。

添加物が入っていないこと、有機栽培された原料であることなど、人間の体にとって害にならないものというのがベストですからね。

添加物も、体に即座に影響がないものだと言われますが、50年後はどうなるかなんてわかりませんし、自分の子供や孫に影響をあたえるかもしれません。

数万年という単位で人間が口にしてきたものが、1番安全性が担保されているのは間違いないわけですから、化学物質登場以前のスタイルで生産されたものをできるだけ選びたいですね。

オーガニックに行き着くというのはそういうことです。

日本はまだまだオーガニックに対する認識が低いので、必然的に海外製品を選ぶことも多くなります。

ただし、海外製品だから肌に優しいとか、トラブルが全く起きないということではありません。

そこを間違えてカンペキに信じてしまうと後悔することになりますから、注意が必要です。

例えば私の場合、某オーストラリアのオーガニックメーカーの製品は全く合いません。

ボディシャンプーや化粧水を使うと肌に痒みがでてしまうので、使えないんですよね。

オーガニックと言っても、全てがすべて優しい仕上がりになっているわけではないのです。

逆に、保存料が配合されているようなものでも肌トラブルが全く起きないものもあります。

アレルギーとかそういうことも関係してくると思うのですが、いかに自分の肌に合うものを選ぶか?が大事なんですね。

植物でも漆でかぶれるひとも多いわけですから、植物性が優しいとは限らないのです。

そういうことを頭におきつつ、オーガニック製品を選ぶことができればベストですね。

体を鍛えるということ

ものに対して良いものを求めるのであれば、それを使う自分自身もそれなりな人間でないといけないのでは?と思うのです。

シャネルスーツを着ているのか、スーツに着られているのかわからないようじゃダメなんですよ。

自分が満足してれば良いという説もありますが、陰で笑われているのなら気分が良いものではないですからね。

なので、「あの人は本当にシャネルスーツが似合う」と言われる気品やスタイルを堅持しておきたいのです。

あ、シャネルスーツはあくまで例えであって、私が持っているということではありませんので、あしからず。

言いたいことは何かというと、シェイプアップされた体をキープすることで、どんなお洋服も似合うようになりますし、自分にも自信がついてくるということです。

10キロのダイエットに成功した女性が、なんだか急にキレイになったっていうことはよくある話です。

これは内面が輝いたことで外見に影響を与えた良い例なんですよね。

・・・というようなことを話していたら、カレシが筋トレをはじめました。

彼氏が筋トレに燃えているというのは、彼女としても嬉しいものですね。

少しづつ引き締まっていく体をみて、ウットリするというメリットもありますけど、ストイックな姿勢に惚れ直すということもあります。

上腕二頭筋がピクって動くのも大好きです。笑

私はヨガのインストラクターをしていたこともあるので、スタイルをキープすることはほとんど習慣化しているのですが、それでも気を抜くとすぐに体重が増えてしまいます。

甘いもの大好きですし。

なので、カレシがこうやって筋トレに励んでくれると、ジムデートにも誘いやすくて最高ですね。

さすがに朝から夕方までジムに入り浸りっていうのはイヤですけど。

品質の良いものが好き

デフレが続いて、世の中ではプチプラ製品が幅を効かせていますけど、結果的にそこそこ良いものをつかったほうがお得になることって多いですよね。

安い化粧品を使って肌トラブルがおきて、その化粧品を使えなくなったばかりか、皮フ科の受診料もかかってしまったとか。

安い洋服を買ったら、1回洗濯しただけで縮んでしまったとか。

安い家電製品を買ったら、保証期間が終わった途端に壊れたとか。

だれでもひとつくらいは「あるある」って思うんじゃないでしょうか。

私は良いものを安く買うことができるのは最高だと思いますが、安いなりの品質のものを買うのは反対です。

結果的に消耗することが増えてしまって、全然エコでもないですし、モノのありがたみが薄らいでしまいますから。

やっぱり良いものを長く愛着を持って使うというのが、人間のあるべき姿だと思うのです。

なので、身の回りにあるものを買い換えるときは、少しくらいお値段が張るものでも、長く愛用できるものという基準で選ぶように切り替えているところです。

今までプチプラ品を買って満足したことはほとんどないので、私はこれで正解なんだと確信しているんですね。

1万円で売っているものを2万円で買うことはないですが、同じ1万円の値段がついているものなら、比較検討してからよりベターな方を買うようにしています。

先日も10年使ったソファを買い替えたのですが、今度は一生使えるものを選ぼうと思って、ちょっと奮発してしまいました。

ちなみに、自宅でデスクワークすることも多いので、椅子もハーマンミラーのいいやつを使ってます。

椅子に20万円近くもだしたの?って友達には驚かれますが、実際に座ってもらうと、「その価値はあるね~」と納得してくれます。

要するにそういうことなんですよ。

長い間使うということは、体への影響も大きいということですから、体に負担がかからないかどうかも大事な要素なわけです。

耐久性もそう。5万円のイスを4回買い換えるより安いって考えると、そんなに高い買い物だとは思わないですから。

保証がしっかりしていることも大事ですね。

高級品には高級品にしかない、インセンティブというか大きなメリットがあるものです。

そういう部分に気づくのは、使った人だけということもわかってほしいですね。